離煙パイプでの禁煙|初日の感想

離煙パイプでの禁煙|初日の感想

MENU

離煙パイプで禁煙開始。初日の感想。

 

離煙パイプ1日目


さて、いよいよ禁煙開始。
と言っても、「我慢しなくていい!」ので、朝から普通にタバコに手が伸びます。

 

忘れてはいけないようにと、昨夜タバコの横に1日目のパイプを用意しておきました。

 

まずは、朝一の一本目。

 

 

ゲ、長いよこれ・・・。。
なんだ、吸いにくいよ・・・。

 

って感じ。

 

私のいつも吸っている銘柄はマールボロライトのメンソールのロング100Sなので、普通のたばこよりも長いのです。
ここにパイプを付けるわけなので・・・長いw

 

持った時の違和感もハンパない・・・。

 

吸ってみると・・・

さて、次にくわえてみた感想としては・・・うん、違和感。
パイプの口にくわえる部分が細くなっているし、プラスティックでつるっとしているので、「なんか変」

 

そして、火をつけて吸ってみました。
味は・・・違和感なし。
もしかしたら若干違うのかもしれませんが、私はいつもの味に感じました。

 

これが離煙パイプの3%マジック!
味を変えずにだんだんとニコチンの量を減らしていくということなのでしょう。
うん、すごい。ここはすごい。

 

というわけで、禁煙開始のまず1本目は終わりました。

 

 

多くの喫煙者が同じだとは思いますが、私も起きてからまずはじめにすることは「朝の一服」です。
まだ半分目が覚めておらず、ボケーとしている状態でタバコに火をつけ、ゆっくりと煙を吐きながら、その日一日のスケジュールを頭の中に描き、段取りを確認するというのが日課。
これはこれで自分の中でのとても大切に。時間になっています。
なので・・・いざ本当に禁煙が成功して、タバコを吸わなくなったら、こういう時間が無くなっちゃうのかな・・・なんて思うと、ちょっと寂しくなったりしました。「愛煙家なのね…私」と実感。

 

初日のその後

夜まで普通通りに喫煙。
でも、パイプの長さに慣れないせいか、タバコを吸うのが少し面倒になり、いつもよりも本数は少な目。
合計で15本ほど。

 

途中10本目くらいの時に、「なんかタバコまずいかも・・・」とちょっと思ったりしました。
でも、やっぱり「吸いたい!」という気持ちは全く変わらず、おいしく夜まで喫煙を楽しみました〜。

 

さて・・・・これで、本当にタバコが止められるのでしょう?
ちょっと不安になりつつも、自分が禁煙してるんだ!今!
という意識がかなり芽生えてきて、軽い気持ちの禁煙だったのに、なんだか俄然やる気が出てきました。

 

以上、離煙パイプ禁煙の初日の感想でした!

 

この日のタバコの本数:15本