離煙パイプでの禁煙|2日日の感想

離煙パイプでの禁煙|2日日の感想

MENU

2日目の感想

 

離煙パイプ2日目


さて、2日目。
今日も忘れないように、昨夜のうちにタバコの横に、今日の分のパイプを置いておきました。

 

朝の一服。違和感なし。

 

味に変化は感じられませんでした。いつものタバコの味。(3%マジックですね〜)
長さもさすがに慣れてきたのかあんまり気にならなくなっていました。

 

こんな感じで味も変わらず、好きなだけ吸っていて31日目に禁煙ができたら・・・そりゃ夢のようだワ

 

 

 

多くの喫煙者が同じだとは思いますが、私も起きてからまずはじめにすることは「朝の一服」です。
まだ半分目が覚めておらず、ボケーとしている状態でタバコに火をつけ、ゆっくりと煙を吐きながら、その日一日のスケジュールを頭の中に描き、段取りを確認するというのが日課。
これはこれで自分の中でのとても大切に。時間になっています。
なので・・・いざ本当に禁煙が成功して、タバコを吸わなくなったら、こういう時間が無くなっちゃうのかな・・・なんて思うと、ちょっと寂しくなったりしました。「愛煙家なのね…私」と実感。

 


初日のその後

夜まで普通通りに喫煙。
でも、パイプの長さに慣れないせいか、タバコを吸うのが少し面倒になり、いつもよりも本数は少な目。
合計で15本ほど。

 

途中10本目くらいの時に、「なんかタバコまずいかも・・・」とちょっと思ったりしました。
でも、やっぱり「吸いたい!」という気持ちは全く変わらず、おいしく夜まで喫煙を楽しみました〜。

 

さて・・・・これで、本当にタバコが止められるのでしょう?
ちょっと不安になりつつも、自分が禁煙してるんだ!今!
という意識がかなり芽生えてきて、軽い気持ちの禁煙だったのに、なんだか俄然やる気が出てきました。

 

以上、離煙パイプ禁煙の初日の感想でした!

 

この日のタバコの本数:15本